ニュース

「元気体操」教室が好評・筋力低下や運動不足解消へ

2021.6.7(草加市)
ニュース写真
 65歳以上の筋力低下予防を目的とした「はつらつ元気体操」教室が5月20日、草加市立中央公民館体育室で開かれ、25人が参加した。同市と公益財団法人草加市スポーツ協会共催。

 健康運動指導士の加瀬尚美さん(53)が講師となり、ストレッチや筋トレなどを実施する教室。

 同日は腰や肩、アキレスけん伸ばしなどのストレッチの後、「そうかはつらつ」の文字を一文字ずつ両手で鏡文字のようになぞる動きや、市歌「想い出はいつも」の音楽に合わせ、歌詞や手焼きせんべいをひっくり返す動きなどを入れた体操などで、汗を流した。

 同市手代町の主婦(71)は「コロナで運動不足だったが、教室で体を動かすと夜ぐっすり眠れるようになった」と話していた。

 講師の加瀬さん(53)は「日常生活で無理なく動けるような筋トレのほか、脳トレも取り入れた動きで体を楽しく動かせる体操にしている」という。

 5月13日から毎週木曜、全7回の教室で、途中参加はできないが、今秋にも全7回コースを開催する予定という。
>戻る