ニュース

第2弾は「イートイン」・「テイクアウトマップ」

2020.6.22(越谷市)
ニュース写真
 越谷商工会議所とまちづくり越谷は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営がひっ迫する市内の飲食店を支援しようと、19日から第2弾のウェブアプリ「越谷テイクアウト・イートインMAP」を立ち上げ、スタートした。

 4月19日に公開した第1弾のウェブアプリ「越谷テイクアウトMAP」の100円割引する「プラスクーポン」キャンペーンが好評でのべ3400人が利用。1日100件を超える利用でユーザー数も1万7000件を超えて、定着したのを受けて、第2弾の今回はバージョンアップして、イートイン(店内での飲食)利用時に300円の割引クーポンが利用できるようにした。

 「イートインキャンペーン」は、参加店を利用した人が600円以上の会計時に300円の割引クーポンが利用できる。クーポンは全店共通で同じ店で何度でも使用できる。 クーポンの利用回数は全体で1000回。達したらキャンペーンを終了する。

 アプリではテイクアウトを実施する店舗情報やメニュー、地図、料理の写真などを掲載。和食やイタリアン、居酒屋、カフェなど82店舗を紹介している。情報掲載料は無料で、掲載を希望する店舗や閲覧者がアプリ内の入力フォームから簡単に申し込むことができる。

 アプリを運営するまちづくり会社「まちづくり越谷」の井橋潤代表は「大変な状況にある地域の飲食店に向けて何かお手伝いができればと始めた。300円割引は大変お得なので、ぜひ利用してください」と呼び掛けている。

 <問い合わせ>まちづくり越谷TEL940・8676。
>戻る