ニュース

車道で倒れた男性保護の古川さんに感謝状・草加署「人命救助につながる」

2018.10.22(草加市)
ニュース写真
 草加警察署は11日、深夜車道で倒れていた82歳の男性を保護した、物流会社「サンファミリー三郷第二営業所」(山木耕一所長)の運転手、古川浩司さん(47)(草加市手代町)に感謝状を贈呈した。

 古川さんは9月28日午前5時頃、県道116号線を三郷市から八潮駅に向かって走行中、八潮市木曽根付近で人が倒れているのを発見。配送時間に余裕があったため、会社に連絡した後、戻って確認した。男性は頭から血を流して倒れており、救急車を手配し、警察や救急隊の到着まで男性が後続車にひかれないよう、見守り続けた。

 男性は何らかの理由で具合が悪くなり、転倒した際に頭を打ち、流血したと見られている。「運転手として、見て見ぬふりはできなかった」と古川さん。

 同署の新井共実署長は「朝夕は冷え込むこともあるこの時期、路上で寝込んで低体温症で亡くなる方もいる。結果的に人命救助につながった、素晴らしい判断だった」とたたえた。
>戻る