ニュース

小学生が吉川の魅力PR・児童出演の動画を発信

2018.10.22(吉川市)
ニュース写真
 吉川市は、市の魅力を小学生が紹介するPR動画「YOSHI!!!〜なまずの里〜」(5分6秒)を作成し、11日から公開を始めた。市役所1階ロビーと動画投稿サイト「Youtube(ユーチューブ)」で見ることができる。撮影協力したのは同市立美南小学校(小山悟校長、児童1063人)の6年生児童6人。

 PR動画は、今年5月、同小学校で開かれた「市長とランチミーティング」の中で、児童から出された意見を実現させたもの。紹介したい市のおすすめスポットやキャッチフレーズ、振り付けなど、児童のアイデアをもとに同市が作成した。

 「ランチミーティング」は、中原恵人市長と市内の小中学生が一緒に給食を食べながら、市の未来について話し合う懇談の場。子どもならではの視点を市政に反映し、子どもたちの行政への関心を高めることを目的に、毎年市内全小中学校で実施されている。

 動画の撮影場所は、市内の「なまず養殖場」や「ねぎ畑」、「芳川神社」のほか、児童らがよく利用する、児童館ワンダーランドと永田公園など。それぞれの場所で児童が場所や特徴などについて説明した。

 参加した児童は「今までにない貴重な体験ができて良かった」「撮影は暑くて大変だったけど、それ以上に楽しい気持ちのほうが大きかった」「撮影でいろいろなところに行けて、さらに吉川のことが分かって面白かった」などと感想を話していた。
>戻る