ニュース

バイオリン漫談も・草加署が「出発式」

2018.10.1(草加市)
ニュース写真
 草加署主催の「秋の全国交通安全運動出発式」が9月20日、草加市の東武スカイツリーライン「獨協大学前<草加松原>」駅前の「ハーモネスタワーA棟2階団地集会場」で行われ、地元の交通安全対策協議会の関係者ら約100人が参加した。

 出発式で、田中和明市長が「痛ましい事故が絶えないが、1件でも事故が減るよう、取り組んでいく」と決意を述べ、新井共実署長は「法令の順守と、他人の事故を自分の失敗と受け止めて気をつけていただきたい」とあいさつした。

 アトラクションでは、“バイオリン漫談”のマグナム小林さん(47)がバイオリンとタップダンスを合わせた漫談を披露して、交通安全を呼び掛けた。

 同署管内での今年の交通事故死亡者数は9月19日現在7人で、吉川警察署管内と並び、県下ワースト1位となっている。