ニュース

三郷勢が上位独占・こども自転車乗り大会

2018.6.25 (三郷市)
ニュース写真
 三郷市総合体育館で7日、「第33回こども自転車乗り大会」が開かれ、吉川警察署管内の小学校29校の児童145人が参加し、運転技術を競った。

 自転車競技を通じて、小学生に自転車の安全運転技術と知識を身に付けてもらうと、吉川地区交通安全協会、吉川警察署、三郷市、吉川市、松伏町と各教育委員会が主催し、各交通安全対策協議会などが協賛した。

 大会は、一定距離に置かれたコーンを避けるジグザグ走行や板乗り走行、故障者やフェンス、踏切などの障害物がある実際の道路に見立てた場所を走行する実技テストと、学科(筆記)テストの合計点で競われた。

 その結果、団体・個人とも優勝から11位までを三郷市内の小学生が独占した。同署は「三郷市内の各小学校が安全教育に力を入れていた結果」と見ている。大会前に、南雲芳夫署長は「自転車事故が増えているので、運転の際には細心の注意を」と注意を呼びかけた。

 大会の上位入賞者は次の通り(敬称略)。
 <団体>@三郷市立彦成小学校A同鷹野小学校B同彦郷小学校。
 <個人>@川島諒大(三郷市立彦郷小)A川満妃莉(ルビ・かわみつひめり)(同彦糸小)B石堂珠生(ルビ・うみう)(同彦成小)。
>戻る