ニュース

公式インスタ開設・認知度アップ目指す

2018.1.29(松伏町)
ニュース写真
 松伏町は人口減少に歯止めをかけ、町の認知度アップを目指す「松伏町シティプロモーション戦略」を策定し、その目玉として25日、「町公式インスタグラム」を開設した。インスタグラムは、写真に特化した「SNS」(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、スマートフォンで撮影した画像を投稿し、共有できるソフト。県内では川越市と伊奈町が公式インスタグラムを開設しているが、東部地区では同町が初めて。

 すでに運用している「広報まつぶし」や町公式ホームページ、「マップーメール」は必須の広報媒体として引き続き運用し、拡散力の高いSNSのツイッター、フェイスブックは、インスタグラムを核に運用して認知度アップを図る作戦。

 同町は、インスタグラム開設を記念して、町民を元気にし、町外の人に町をPRするため、「笑顔」の写真を募集する「”#松伏スマイル”フォトコンテスト」を実施する。

 応募資格は同町に在住、在勤、在学している人。笑顔の写真であれば、特に条件や制限はない。撮影場所は町内であればどこでも構わない。枚数制限はないが、未発表のものに限る。応募方法は、ハッシュタグ(SNS上で特定のテーマについての投稿を検索して一覧表示するための機能)「#松伏スマイル」を付けて投稿する。

 審査は、投稿作品の中で「いいね!」の多い作品を入賞とする。応募締め切りは今年9月30日まで。入賞作品は町広報紙、町ホームページ、町が運用する各種SNSで発表する。入賞作品3点には、町から記念品を贈呈する。

 <問い合わせ>松伏町総務課TEL991・1898。
>戻る