ニュース

子ども司書閉講式・小学6年生61人

2018.1.8 (三郷市)
ニュース写真
 三郷市教育委員会は12月22日、「第6期子ども司書養成講座」の閉講式を同市泉の「市立ピアラシティ交流センター」で開いた。

 6期生は18小学校の6年生61人。夏休み集中講座など全9回のコースで、図書館の役割や司書の仕事、本の紹介作文、読み聞かせなどを実習した。閉講式では、有田るみ子教育長から、6期生一人ひとりに「修了証」(子ども司書認定証)が手渡された。修了証を受け取った児童は、「講座で学んだことを生かして本の楽しさを多くの人に広げたい」「本は大人になっても心を動かしてくれる。これからもいろいろな本と出会いたい」などと、それぞれ決意を述べた。

 有田教育長は「市民や子どもたちが、本を読んで夢や希望をもって生き生きと生活できる、大いに本が好きになる活動を期待します」とエールを送った。

 「日本一の読書のまち」を宣言している同市は、2012年度から、小学生を対象に同養成講座を実施、修了者はそれぞれの小中学校で、読書の楽しさを広めるなどの活動をしている。子ども司書は今回の6期生含め計201人となった。
>戻る