ニュース

「埼玉・教育ふれあい賞」受賞・八潮市商工会青年部

2017.11.27(八潮市)
ニュース写真
 「八潮市商工会青年部」(篠原亮太郎部長、32人)は、「平成29年度埼玉・教育ふれあい賞」を受賞し、10月21日、さいたま市のさいたま共済会館で表彰式が行われた。同賞は、教育活動に熱心に取り組む学校や教育関連団体を県、県教育委員会が表彰するもので、県内の商工会青年部の受賞は2団体目。

 同青年部は「50年後への種まき」として、地域の未来を担う小中学生を対象に、主に3つの体験活動を行っており、その活動が評価された。

 体験活動の中で、今年度が8回目の「未来育成事業」は、中学生が「やしお市民まつり」のメインステージの演目を企画運営するもの。今年はクイズ大会を企画した。また、「ふるさと体験教室」は小学5、6年生を対象にした田植えと稲刈り体験で、「働く大人から学ぶ会」は中学1年生を対象に、同青年部員が講師となって、働くことについて生徒らの質問に答え将来の夢を描いてもらおうというもの。

 小嶋章寛副部長(37)は「青年部が築いてきた教育に携わる伝統への評価。これまでと変わらず50年後の種まきをこれからかも続け地域をよりよくしていきたい」と話していた。
>戻る