ニュース

全国・関東大会出場選手の壮行会・79人を市長らが激励

2017.8.21(越谷市)
ニュース写真
 越谷市立中学校関東・全国大会出場者壮行会が3日、同市中央市民会館で開かれた。同市内の中学校から県代表として、関東・全国大会に出場する選手の大会での健闘を期し、激励するもの。今夏は陸上競技、バレーボール、水泳など市内10中学校から79人の選手が関東大会や全国大会に出場する。

 壮行会では、高橋努市長と吉田茂教育長が激励の言葉を述べ、全国中学校水泳競技大会の「女子200b個人メドレー」などに出場する、同市立富士中3年の平原ここの選手(14)が選手を代表して、「練習が辛くて苦しく、嫌になった時もありましたが、家族をはじめ、たくさんの方の支えや励ましのおかげで、ここまで頑張り続けることができました。全力で戦ってきます」と抱負を述べた。
>戻る