ニュース

田んぼアートが見ごろ・今年は「銀河鉄道999」

2017.8.1(越谷市)
ニュース写真
 水田に稲で「絵」を描く「こしがや田んぼアート」が越谷市増森の水田で見ごろを迎えている。

 田んぼアートは、同市と市観光協会が2010年から毎年実施おり、今年で8回目。約100b四方の田んぼのキャンバスに、色彩の異なる稲(8種類)を作付し、文字や絵柄などを表現している。今回の絵柄は、「銀河鉄道999」。蒸気機関車と「メーテル」、すぐ隣には同市の“特別市民”のキャラクター「ガーヤちゃん」と「こしがや2017 ふるさと米」の文字も植えられた。

 この絵柄の見ごろは7月中旬から8月中旬。隣接の東埼玉資源環境組合(リユース)第一工場の展望台から見ることができる。全体が見られる絶好の場所で、月曜から金曜の午前9時から午後4時30分まで受け付け、午後5時まで公開している。見ごろの7月、8月は毎週日曜午前9時から午後4時まで受け付け、午後4時30分まで公開している。稲刈りは9月下旬から10月上旬の予定だ。

<問い合わせ>越谷市観光協会TEL971・9002、東埼玉資源環境組合(展望台に関すること)TEL966・0121。
>戻る