写ったぁ

ミステリアスな裸婦像・アートな風景

2018. 3.26 (八潮市)
記事の写真
 周囲を工場に囲まれた八潮北公園(同市新町)の花壇中央にある裸婦の立像。色とりどりの花に囲まれ、両腕を頭の後ろで組んだ、のびやかな肢体(高さ約1・8b×横幅約0・7b)。

 ところが、この裸婦像、制作者はおろか、いつ頃、どんないきさつで、この場所に置かれたのか全く不明なのだ。市に問い合わせても、「現存する資料も少なく、皆目見当がつかない」との返事で、花壇の近くでくつろいでいた高齢の男性に聞いてみても、「記憶にないなあ」。

 試しにインターネットで、「埼玉県 裸婦立像」とのキーワードで検索してみたが、該当の像についてのヒントすらつかめなかった。

 同公園の供用開始は1968年だから、その頃に設置されたのだろうと推測はできるのだが…。

 同公園は、野球場やテニスコートなどの運動施設が整備され、池や築山などもある市民憩いの場。その片隅に、ひっそりというより、むしろ堂々として立つ裸婦像。どなたか、素性を知る方はいませんか。
>戻る