写ったぁ

院内コンサートも好評・長野幸雄さん

2018. 1.22 (草加市)
記事の写真
 「地域に音楽の輪を」と活動するジャズピアニスト
 長野 幸雄(ながの・ゆきお)さん 74
   (草加市)

 「音楽を通して地域と触れ合い、音楽を通したコミュニティーづくりを」と熱く語る。

“第2の故郷”という、今住むマンション(『谷塚コリーナ住宅棟』)で、住民有志の「コリーナコーラス隊」を指導する。

 曲のアレンジや伴奏も引き受け、自治会のクリスマス会や納涼祭で発表している。「オリジナル曲にはない、“コリーナスタイル”が魅力」と話す。住民同士でも、「のちのちにつながる達成感を得るためには、指導の手を緩めたくない」。

 昨年12月、東武スカイツリーライン・谷塚駅東口ロータリーで、3人編成の「長野幸雄ジャズバンド」による「少〜し早いクリスマスジャズコンサート」も開いた。

 愛媛県今治市生まれ。幼児の頃から、父親にアコーディオンの手ほどきを受けた。

 「外務省に勤めたい」と大阪市立大に進むが、「サークルやアルバイトでピアノを弾くうちに、ジャズにはまり」プロの道に。
 瀬戸内海の思いを込めた曲「海へ」など作曲活動も旺盛。テレビ東京の番組『出没!アド街ック天国』で、曲が使われたことも。

 プロとして都内のジャズ喫茶などで演奏するが、市内谷塚の「やつか整形外科内科」では珍しい“院内コンサート”(毎週月、水曜午後)を開き、「待ち時間が短く感じられる」と好評だ。

 「高い評価をいただいているコーラス隊の人たちの笑顔が何よりの喜び」と話す。
(佐藤 龍一)
>戻る