写ったぁ

目指すは「東京五輪」代表・池田咲紀子さん(なでしこジャパン)

2016. 7.12 (さいたま市)
記事の写真
「国際試合の雰囲気、代表選手のプレーを間近に見て、すごく勉強になりました」と言いながらも、複雑な心境だった。

5月20日、6月の米・女子代表チームと親善試合を行う女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」メンバーに抜擢された。3人のGK(ゴールキーパー)のひとり。結果は1敗1分けだったが、出場機会はなかった。

代表に抜擢された時も調子が悪く、「日本代表に選ばれたことで目標が達成できたと思っていない」という。

 越谷市の総合住宅メーカー「ポラス」に勤めながら、

女子サッカーチーム「浦和レッズレディース」で活躍する。

さいたま市出身。小学2年の時、浦和ラッキーズFCに入団。「男の子たちに交じってボールを蹴っていました」。

 本格的なGKは中学2年から。「点を取られたくないので、一生懸命やっていた。本音では嫌でした」と笑う。 

所属チーム名は変わったが、2007年、浦和レッズレディースで、なでしこリーグカップに初出場を果たした。

憧れは、同チームで全試合出場を果たした山郷のぞみ選手。「その試合や練習への取り組み方法はお手本です」という。

 「ジャパン」の扉は、ひとまず開けた。当面の目標は、東京オリンピック出場を目指すジャパン代表に再度、選ばれること。「自分のできることを積み上げ、なでしこリーグで全試合出場したい」と、今日も汗にまみれる。
(佐藤 龍一)
>戻る