写ったぁ

「植物園の魅力」楽しめましたか・花ものがたり

2016.3.21 (越谷市)
記事の写真
足元に咲く小さな花々のしたたかに生きる英知、強靭さを伝え、花の少ない時期の植物園でも新たな視点で楽しめるように、「あなただけの植物園を創って」と提案してきた。
自ら切り開いた視点で、新しい自分だけの世界を描く手助けになればといろいろ提案してきたが、あなただけの植物園像が多少なりとも描けたのであればうれしい。
今となってはお許し願うしかないが、植物の不思議な魅力、すごさに魅了され、その心の高ぶりが見苦しい文章表現になったであろうことは想像にかたくない。
植物園の普及に役立つのであればと浅学の身には重荷の連載を引き受けたが、掲載紙の印象を悪くし、植物園に悪影響を及ぼすのではと悩んだ。しばらくすると入園者数に変化が見られるようになり、仲間や関係者の厚意に甘えながらも続けられた安堵は大きい。      ◇ 2年間の「アリタキ花ものがたり」の読者、関係者の皆様に感謝しつつ、今号を最終稿とします。 
(写真と文・アリタキ緑の会・高関義博)
>戻る