6 東武よみうりウェブ版 とーよみnet

写ったぁ

清涼感を演出するツユクサ・花ものがたり

2015.7.27 (越谷市)
記事の写真
 夏の蒸し暑い朝早くに起きると、涼しげな青紫色のツユクサが風に揺れて咲いている。
 最近はあまり使われなくなったうちわや手ぬぐいには、夏を代表するアサガオや金魚と共に清涼感を演出する花として描かれていた。
女の子のおままごとでは色水を作って楽しめるツユクサは、花の仕組みも面白いが、時々違う花びらの色や、動物の顔に見えるものがある。
 四つ葉のクローバーを見付けると幸せになるというシロツメクサは、首飾りや髪飾りの草遊びをしていた身近な草なので見落としがちだが、葉にもいろいろな形があるし、その葉の白い筋が三角や半円、中央が窪んでいる形など見つかる。
 このように仲間の中に違う形や色のものが数多くあると生存に有利と考えられている。これを生物多様性では「遺伝子の多様性」と言うが、難しいことはあとで勉強するとして、夏休み中に探して自由研究の発表にどうだろう。緑の公園や野原でも見つかります。
 (写真と文・アリタキ緑の会)

>戻る