6 東武よみうりウェブ版 とーよみnet

写ったぁ

葉の中心から花が咲く・ナギイカダ

2015.3.23 (越谷市)
記事の写真
 花は枝の先や葉の付け根から咲くものと相場が決まっているが、越谷アリタキ植物園には葉の真ん中から花が咲くちょっと珍しい木がある。
 「あぁ〜花筏ね」植物好きならすぐに出る名前だが、それではないのです。葉を筏に、花を船頭に見立て、葉脈がナギの木の葉に似ているので、名前が「ナギイカダ」になった。「ハナイカダ」と名前の由来は同じだが、花の咲く場所だけが不思議で取り上げたのではない。
 葉の先が尖がって触れるととても痛い。棘の成り立ちは様々で、葉の形をしているが元は枝だったことから「葉状枝」と書く。ヒイラギ類など葉が棘のようになっている種類は幾つかあるが、それ以外にも棘を持つ植物は沢山ある。
 不思議はまだ終われない。
咲いている場所が葉裏なのだから不可解だ。裏じゃ都合が悪かろうと葉の付け根部分を半回転させて、花に空を見せてやっている。随分手の込んだことをしている植物である。
 (写真と文・アリタキ緑の会)

>戻る