6 東武よみうりウェブ版 とーよみnet

写ったぁ

落葉は最後の化粧直し・花ものがたり

2014.11.24 (越谷市)
記事の写真
 春の芽吹き時は頼りない薄緑色をしていた葉っぱが、夏には肉厚で頑丈な濃い緑に成長しました。照りつける夏の盛りの強い太陽光線をものともせず光合成をして、太い幹を支える栄養を作ってきましたが、そろそろ役目を終える時が近づきます。
 夜が長くなる秋には少しずつ赤や黄色が交じりだし、働いて栄養を作り続けることが出来なくなくなることを悟ります。そして「次世代が元気に成長するにはたくさんの栄養がいる。私たちの持っている栄養を全部渡そう」と行動します。
 落葉樹の木々たちは、緑色の時に作ったデンプンやタンパク質を役立ててもらうために根に送り、自ら枝との間に離層という切り離れる場所を作って散っていきます。緑色のクロロフィルがなくなり、残った赤や黄色の色素が紅葉となって見えます。
 心和む秋到来ですが、役目を終えて現れた色鮮やかにお化粧した葉っぱは最後のお役目をしている時なのです。
 (写真と文・アリタキ緑の会)

>戻る