6 東武よみうりウェブ版 とーよみnet

写ったぁ

元荒川で発見「コシガヤホシクサ」・花ものがたり

2014.7.28 (越谷市)
記事の写真
 新種の植物が見つかり、その地域にしか生育していないと確認された時には、一般的に発見地の名前が付けられます。
 『コシガヤホシクサは、ホシクサ科の一年草で、ため池の岸辺や河原、水中でも生育し、8〜9月に花茎を伸ばし、白い小型の小さな花をつける植物です。』
 1938年元荒川で発見。翌1939年命名後の生育は未確認。1975年、茨城県下妻市で再発見。
『野生復帰への取り組み 国立科学博物館筑波実験植物園では、2008年から環境省の「生息域外保全モデル事業」の一つとしてコシガヤホシクサの野生復帰プロジェクトを展開してきました。(中略)越谷市は、筑波実験植物園から種子を譲り受け、技術指導を受けながら、コシガヤホシクサの種子増殖のための栽培や種をまく実験などを行い、野生復帰を目指しています』(『』内は環境政策課作成の説明文を抜粋、引用)
 展示日は市公園緑地課へお問い合わせ下さい。

>戻る