6 東武よみうりウェブ版 とーよみnet

写ったぁ

ベルギーのピアノコンで1位に・守田絢子さん

2013.12.10 (草加市)
記事の写真
 「留学3年目は2年間の成果を試そうと、各地のコンクールに挑戦予定。初めてのコンクールで1位が獲れて驚きましたが、課題も見つかり、次に生かしたい」。10月、留学中のベルギー王国の最高クラスのピアノコンクール「アンドレ・シャーリエ・ピアノコンクール」に初挑戦し、アジア人初の1位を獲得した。
 2011年8月からブリュッセル王立音楽院大学院課程に在学、来年10月まで、音楽漬けの毎日。11月にはフランスのコンクールで特別賞も受賞した。
 4歳の時にピアノを始め、草加栄小時代には、草加ジュニアオーケストラ1期生としてバイオリンも経験、表現力を養った。国立音大付属中・高校時代、恩師が弾くピアノに「体にふりそそぐような、魔法にかけられたよう音」と衝撃を受けた。東京音大器楽科ピアノ専攻を首席で卒業、同大学院を修了後、音楽関連の仕事や演奏活動を続け学費を稼ぎ、「さまざまな音が表現できる、会話ができるピアニストになりたい」と留学を決意。目標は、大好きなフランス音楽のスペシャリスト。帰国後は「日本とヨーロッパで演奏活動をつづけながら、後進も育成したい」と夢はふくらむ。
 現在、一時帰国中で、草加ジュニアオーケストラOGとして「ジュニアオーケストラフェスティバル」(15日、市文化会館ホール)などに出演、その腕前を披露する。 (金子 貞雄)

>戻る