6 東武よみうりウェブ版 とーよみnet

写ったぁ

越谷子育てサークルネットワークの会会長・田井 玲子(たい・れいこ)さん

2013.5.27 (越谷市)
記事の写真
 「メールやツイッターが盛んだけれど、人間関係が希薄な今、子育てはやはり、“アナログ”がいい」ときっぱり。
 越谷市内14の子育て関連サークルが、1997年10月に立ち上げた「越谷子育てサークルネットワークの会」の会長を当初から務める。
 長男が1歳の時、市まちづくり推進市民会議に参加し、2年間、子育ての調査・研究に関わった。
 「その活動の中で、子育ては一人ではできない。サークルや支援イベントを通じた仲間づくりが大切」と痛感。4人の仲間と子育てサークルをつくり、翌年、その輪がネットワークの会に広がった。
 「最近のお母さんたちはメールなどで情報は沢山持っているけれど、メール上だけで孤独を感じている人が多いのでは」と危惧する。「大丈夫だよ、と言ってくれる人がいればどれだけ安心するか」。
 東京都港区生まれ。高3の時、米・ウイスコンシン州で1年間ホームスティして高校へ。上智大生時代には、オーストリア・ザルツブルク市のカレッジにも2年間留学し、「ヨーロッパと日本の文化の違いを学んだ」。得意の語学を生かし、“国際会議コーディネーター”として、東京サミットなどに関わり、結婚、出産を機に越谷へ。
 ネットワークの会は3年後が20周年。それに向け、手遊びなどが分かる楽しいオリジナル子育てDVD制作の準備をスタートさせた。
 さらに、「だれもがふらっと立ち寄り、悩みを話せる『まちかど子育てサロン』をぜひつくりたい」と夢を膨らませる。夫(56)と二男の4人家族。塾で英語も教えている。
  (安部 匡一)
>戻る