写ったぁ

夕暮れの紅葉・白井 克博さん

2011.12.5 (越谷市)
記事の写真
 「妙義山の夕暮れ」 白井克博さん(越谷市)

 晩秋の日は、つるべ落としと言われています。昨年の11月9日午後4時ごろ、表妙義自然探勝路(中間道)の帰り、紅葉ラインを下り金鶏橋の手前で、相馬岳の中腹あたりを見上げ、この見事な山の陰と陽の山肌の中に紅葉を見ました。
 10分早くても10分遅くてもこの絶景は見られなかったと思います。光の織り成す絶妙な姿を切り取りました。日本三大奇勝の一つに数えられる「妙義荒船佐久高原国定公園」の表玄関です。大自然からもらったごほうびでした。そそり立つ岩肌に、くらいつくように懸命に生きている生命力には教えられるものがたくさんありました。
 上州特有の乾風で落葉が道でくるくると輪舞する中、また、日が暮れて月明かりを頼りに、松井田の駅へと歩みを進めました。
 (2010年11月9日・群馬県妙義山で撮影)

>戻る