写ったぁ

朝の田代池・石田 冨士夫さん

2011.4.12 (松伏町)
記事の写真
 「田代池の朝」 石田 冨士夫さん(松伏町)

 撮影したのは2005年5月上旬、夜行バスでの上高地行きでした。
 バスから降りると、そろそろ東の空から、うっすらと明るくなり始めており、まだ残雪の残る足元に気を配りながら歩くころでした。田代池に着くと、まだ周囲は深い霧に包まれ、その流れが急速に変化しているのが感じられました。
 急いで三脚を立て、カメラの準備ができるころには、霧も晴れ始め、目の前に素晴らしい光景が現れてきたのにはすっかり感動。PL(偏光)フィルターを調整しながら夢中でシャッターを切りました。
 池の向こう側をわずかに残った雪が地表をはうように浮いていて、浅い池の水面には朝日の差し始めた木々の影が池の底に描くように写っていたのがとても印象的でした。

>戻る