写ったぁ

親子で「魚捕り」・大戸 清さん

2010.9.27 (越谷市)
記事の写真
 大戸清(越谷)さん=水郷こしがや・葛西用水(瓦曽根1丁目付近)

河川や水路の多いことから越谷市は「水郷こしがや」と呼ばれ、市民が憩う場として親しまれています。市内中心部を流れる葛西用水の右岸(写真のこちら側)のしらこばと橋から中央市民会館方向へ800bほどの親水緑道沿いには6月中旬にはアジサイが咲き誇り、左岸の葛西用水と元荒川の中土手にはチューリップやハナショウブなど季節の花で市民の目を炭素ませてくれます。また、4月中旬には待望の水が入り、市民に潤いを与えてくれます。
 この写真は葛西用水親水緑道の瓦曽根1丁目付近で、写真右上に写っている白いポールはランドマークのしらこばと橋の支柱です。2年前の6月下旬にこの辺りを散策中に出会ったシーンで、水満ちた水辺で魚捕りに興じる親子らしい2人の姿を、ほほえましく思い象徴的な景観を入れてシャッターを切りました。花、水辺、匂いや日差しなど季節の移り変わりを感じてきました。私は水辺が大好きです。今後も郷土を撮り続けてゆくつもりです。

>戻る