写ったぁ

8羽の小さな航跡・白井 克博さん

2010.6.28 (越谷市)
記事の写真
 「小さな航跡」 白井克博さん(越谷市)

 レイクタウン調節池の水面に、さわやかな風が通り抜ける昼下がり、水鳥の母子の姿が、目に写った。8羽のヒナたちが、一生懸命に、お母さんに遅れないように水中で水をかき、穏やかだった水面に航跡をおとして、水泡として残していました。
 棲みかは、池の北側の葦の茂みの中らしい。ヒナたちはその中で、じっとしていられないはず。シャッターチャンスを待ちました。元気いっぱいで登場です。まだ慣れない水かき作業も真剣な表情が見られます。ヒナたちの生き様から元気をもらいました。
 調節池の性格上、治水面での配慮はされていると思いますが、緊急事態の池の水質確保、また、心無い人々の環境汚染について、この小さな生き物との共生を考えた時に、行政サイドや管理会社の対応について、どこまでできるのか不安なことも頭をよぎりました。
 (10年6月8日、越谷市のレイクタウン調節池北岸付近で撮影)

>戻る