写ったぁ

南米イグアスの滝・相澤 俊蔵さん

2010.6.21 (八潮市)
記事の写真
 相澤俊蔵さん(八潮市)=「イグアスの滝」

 昨年1月、結婚50周年の記念に家内と南米3か国15日間の海外旅行にでかけたとき、ブラジルとアルゼンチンの国境にまたがる「イグアスの滝」を遊覧ヘリコプターから撮影したうちの1枚です。
 別名「悪魔の喉笛」と呼ばれるこの滝は、上空から見るととてもスケールが大きく、地上から見るよりもダイナミックで地球の大自然の驚異と神秘さを感じました。夢中でシャッターを押しました。
 カナダのナイアガラの滝は20年前に、南アフリカのザンビアとジンバブエにまたがるビクトリアの滝は2年前に撮影したことがあり、これで世界3大瀑布は撮影できたことになります。
 私は、海外旅行が好きで、家内と一緒に結婚20周年を機会に毎年でかけ、この旅行は通算45回目でした。毎回、世界遺産や風景などを撮影してくるのが楽しみの一つです。地元町会の作品展や写真サークルの展覧会にも出展させていただいています。これからも健康を大事に、元気にこれからも出かけ写真を撮りたいと思っていいます。

>戻る