写ったぁ

変容する「東京慕情」・服部 澄次さん

2010.3.1 (越谷市)
記事の写真
 「東京慕情」 服部澄次さん(越谷市)

 写真は写心ともいわれるように、写った1枚に心や想いが入っていることが大切だと思っています。
 この東京慕情は、昨年11月に撮影しました。一昨年も変貌の東京を恋い慕う気持ちを抱き訪ねました。しかし、私が満足するカットが撮れませんでした。
 昨年は幸い30枚程度同じ場所で、アングルや露出などを変えて写した中の1枚です。
 中央の水色の写り込みがもう少し大きく撮れたら良かったなぁと感じています。
 写真を始めて8年と日は浅いのですが、フォトクラブの皆さんと一緒に撮影に行ったり、自分の好きな場所を探し1人で出かけています。TVの剣客商売でドラマの最後に写された「日本の四季」の美しさが忘れられません。これからも節目の10年を目指し、幻想的な写真を撮り続けていきたいと思います。
 (09年11月3日・東京都中央区勝どき橋から撮影)

>戻る