写ったぁ

標高2700メートルを滑る・藤井 明さん

2009.10.19 (越谷市)
記事の写真
 「ダハシュタインを滑る」・藤井 明さん(越谷市)
 私はスキーが大好きです。15年前から年間延べ15日から20日間ほど滑っています。今年73歳になりましたが、スピードは度外視しマイペースで滑ることを楽しんでいます。国内では志賀高原、白馬周辺のスキー場、また、今まで、海外のスキー場にも8回ほど出かけております。
 昨年の2月にオーストリアの「ダハシュタイン」スキー場をスキーツアー最終日に滑走しました。このスキー場の山塊の景観が、1997年に世界遺産に登録された「オーストリアスキーアマデ」の中で一躍有名になったようです。
 標高2700bから360度、視界に広がるアルプスの絶景は本当に素晴らしい眺めです。圧雪されたコースが2本、緩斜面から急斜面、雪質も最高でこのバーンをカービングターンで滑るときは本当にスキーの醍醐味を味わえます。スキー、スノボーの好きな方なら一度は滑ってみたいスキー場です。
 (2008年2月・オーストリア・ダハシュタインで撮影)

>戻る