写ったぁ

一瞬 花の胞子・藤城 仁司さん

2009.5.12 (八潮市)
記事の写真
 藤代仁司さん(八潮市)・撮影地=東京・お台場
 写真好きの叔父の影響でカメラを手にし、高校時代に地方のコンクールでポートレート作品が佳作に入ったのが趣味の始まりです。ふだんは、花や近くの風景を撮影しています。この写真は、4、5年前に写真クラブの仲間と東京・お台場の花火大会に出かけて、撮影したときの1枚です。
 普通に花火を写したのでは面白くないなと思い、何か変わった写し方をしてみたいと狙って撮ったショットです。デジタルカメラのモニターのように撮影対象が確認できる、ファインダーの像が消えないキャノンのフイルムカメラを使い、海岸沿いのホテルの近くから狙い、花の胞子がぱっーと飛んでいるような一瞬をとらえました。
 花火は打ちあがるたび表情が違い、同じものが撮れません。「これだ!」といえるものは、この1枚だけでしたが、帰り道はうれしくてうきうきでした。写真の出来上がりが楽しみで、予想通りに撮れていて満足でした。

>戻る