写ったぁ

光注ぐ「ライブ」・浅見 恵一さん

2009.4.14 (八潮市)
記事の写真
 越谷市のライブハウスにて地元出身者で構成するバンド「ラフ・パートナー」のライブ演奏を撮影しました。
 ラフ・パートナーの演奏を初めて聴いたのは、メンバーがまだ高校生のころ。八潮メセナで開催された音楽イベント「高校生ミュージックフェスティバル」でした。メンバーは、中学・高校の同級生で八潮・草加出身です。やしお生涯楽習館を練習拠点に、路上やライブハウスでの活動を通じて力をつけ、昨年、インディースながらCD全国発売を果たし、数年ぶりに彼らのさわやかな演奏を楽しみました。
 年間100本以上のライブ鑑賞、自らもバンドに参加し、演奏するほどの音楽好き。カメラを片手にライブハウスに出掛けることも多くなりました。ライブ演奏の撮影は、かなり暗い場所が多く、演奏者の動きもありますので、シャッタースピードと絞りの調整が難しく、フラッシュ撮影ができないなど、制約も多いのですが、限られた条件で上手く撮影できたときは、うれしいものです。

>戻る