写ったぁ

日本一の天狗面・ 宮間 信明さん

2009.3.23 (草加市)
記事の写真
 「日本一の天狗面」がある、迦葉山弥勒寺(かしょうざんみろくじ)は、群馬県沼田市の武尊山系に連なる浄域にあり、徳川初代将軍・徳川家康の祈願所として、御朱印を許された由緒あるお寺です。
 私は15年前から写真を始め、何か心に残る写真を撮りたくて、手軽に行ける群馬には15年前から、年2、3回通い、観光ガイド本でこの寺を知り訪ねました。薄暗い中峰堂の中に入ったとたん、ぎょろっとした大きい目でこちらを見ているこの面に出会い、その大きさにびっくりし、感動しました。顔の長さは6・5b、鼻の高さは2・8bもあります。三脚を立てる許可をいただき、じっくりカメラを構え、迫力あるすばらしい写真が撮ることが出来て満足でした。
 近くには、玉原(たんばら)高原スキー場があり、夏7月中旬ごろはゲレンデが関東で見られるラベンダー畑として有名で、とてもいいところです。次はこちらでいい写真を撮りたいと思っています。

>戻る