写ったぁ

ピンクのじゅうたん・清水 晴(はる)さん

2009.2.16 (八潮市)
記事の写真
 清水 晴(はる)さん=八潮市・撮影地は栃木県佐野市のミカモ山
 私が写真を始めたのは、12年前、読売新聞の家庭欄で主婦の間でネイチャーフォトを楽しむ人が増えている、という記事を読んで興味を覚え、一眼レフカメラを手にしました。ファインダー越しの自然風景は、レンズを換えるとまた違う表情を見せてくれます。今では、私の散歩道として八潮の身近な風景も写して、ブログで公開し月に5、6回更新しています。コンパクトなデジタルカメラで、気楽に写真を楽しんでいます。
 写真仲間の先輩たちに連れられ、各地の季節の花や自然風景を撮影しにでかけるのが、楽しみになっています。写真は3年ほど前の3月に、10人ほどのグループで栃木県佐野市のミカモ山で撮影したカタクリです。絞りやシャッター速度、構図、光の具合など何も分からないときで、先輩たちに教えていただきながら撮影した1枚です。山全体がピンクに染まり、見渡す限りはもちろん、行けども行けども、ピンクのじゅうたんで感動しました。花一つひとつは、とてもかわいく、春の山の妖精のようでした。機会があれば、また、あの妖精たちに逢いたいものです。

>戻る