ニュース

クリスマスケーキ作り体験・美南小で菓子職人が手ほどき

2018. 12.24(吉川市)
ニュース写真
 吉川市立美南小学校は15、16日の両日、家庭科室で、希望児童を対象とした「クリスマスケーキ作り体験」教室を開き、約170人が参加した。

 4年前から、毎年12月に開かれる体験教室で、講師は市内の菓子職人、鶴岡善次郎さん(70)。

 はじめに鶴岡さんが子どもたちに、ケーキの作り方の手本を見せ、その後、子どもたちがそれぞれ自分なりのデコレーションケーキを作るもの。

 鶴岡さんが作ったスポンジケーキと油脂を使わないさっぱりとした甘味の生クリームが特徴。コーンスターチと粉砂糖を混ぜた粉糖をイチゴの上に雪のように散らした。

 同小3年の上田萌々音さん(9)は「思ったより難しかったが、鶴岡さんに手伝ってもらって、とても上手にできた」と目を輝かせていた。

 鶴岡さんは「子どもたちの喜びが何よりの幸せ。毎回、たくさん申し込んでいただきありがたい」と喜んでいた。
>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。