ニュース

吉川市新庁舎が完成・業務は5月7日から

2018.3.26(吉川市)
ニュース写真
 吉川市が2016年11月から建設を進めてきた市役所新庁舎が20日に完成した。建設場所は同市きよみ野の市民交流センター「おあしす」の隣接地。市は「新庁舎見学会」を4月7日午後2時から4時まで実施する。

 1968年建設の旧庁舎は、2011年の東日本大震災で被災し、耐震性に不安が出てきたため、市は庁舎の新設移転を決めた。新庁舎は鉄骨造り3階建て、延床面積は約7500平方b。総工費は36億2440万円。

 コンセプトは「まちづくりの拠点」「地球にやさしく安全・安心」「気軽に集え愛着が持てる」「コンパクトで使いやすい」庁舎。「おあしす」と一体となった「市民協働の拠点」を目指す。新庁舎内の会議室(10室)は空いていれば市民に有料で貸し出す。

 ゴールデンウィーク中に引っ越しを行い、5月7日から新庁舎での業務を開始する。見学会は事前申し込み不要。受け付けは午後3時30分まで。

 <問い合わせ>吉川市財政課TEL982・5966。