ニュース

盛大に創立50周年式典・吉川市ソフトボール協会

2018.1.22(吉川市)
ニュース写真
 「吉川市ソフトボール協会」(工藤繁啓会長)の創立50周年記念式典がこのほど、同市中央公民館・ホールで開かれ、関係者ら約200人が参加した。

 式典には、中原恵人市長をはじめ、県ソフトボール協会、吉川市や近隣ソフトボール協会関係者ら24人が出席し、東武よみうり新聞社など6社に感謝状が贈られ、特別功労賞9人、役員功労賞44人、チーム功労賞120人に賞状が贈られた。受賞者を代表して、「中曽根ソフトクラブ」の小森健司代表が感謝の言葉を述べた。式典終了後、市内の割烹「ますや」で約100人が参加して祝賀会が開かれた。

 同協会は1968年、市内小学校PTA5チームからスタート。同市の人口増加とともに一時は70チームまで増えたが、高齢化などの影響で現在は30チームが加盟している。毎年、春、夏、秋の大会と「教育長杯」の4大会を実施している。