ニュース

有料で空き家を管理・市とシルバー人材が協定

2017. 9.25(吉川市)
ニュース写真
 吉川市と公益社団吉川市シルバー人材センター(加崎勇理事長)は8月28日、「空家等の適正管理に関する協定」を締結した。同日、同市役所で、「協定調印式」を行った。

 この協定は、市とシルバー人材センターが相互に連携・協力し、空き家が管理不全となることを未然に防止するとともに、管理不全となった空き家の状態を改善し、良好な生活環境の確保と安全なまちづくりを目的としている。

 同協定により、市は、空家の所有者から管理業務の相談を受けたときは、シルバー人材センターが実施する「シルバー空き家管理サービス」を紹介する。同サービスは所有者に代わって空き家を定期的に訪問・点検を行うもの。

 シルバー人材センターが行う、空き家の管理に関する業務は@屋根・外壁・外窓・雨どいなどの状態に異常がないか目視で点検A屋外水道の通水確認B雑草繁茂の状態確認C庭木の確認D郵便受け内の確認など。写真付きの報告書を作成し、依頼者に送る。基本料金は1回2500円。

 雑草や庭木の枝や葉などが隣家の敷地や公道まで伸びているなど、周囲に迷惑をかけている場合などは、除草や枝木のせん定などのオプション(別料金)もある。

 今後は、市とシルバー人材センターで相互に連携・協力をし、市内にある空き家の適正管理を進めていく。

 <問い合わせ>吉川市危機管理課TEL982・9471、吉川市シルバー人材センターTEL982・7720。
>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。