ニュース

44団体と市が懇談・災害時協定で意見交換

2017.5.29(吉川市)
ニュース写真
 吉川市は19日、「災害時における応援協定」を締結している49団体と「懇談会」を同市中央公民館で開催した。これは、平時から顔の見える関係を構築することで、災害時に協定締結先から迅速かつ円滑に支援を受けられるようにすることが目的。

 同市では、そのような事態の対応手段のひとつとして、自治体にはない専門的な技術や知識、資機材などを有している民間事業者や関係機関と各種応急復旧活動にかかる協定を結び、体制の構築を進めている。

 懇談会では、各種協定団体と同市危機管理課の職員らが内容を確認したりしていた。
>戻る