ニュース

鶴岡さん孫とダブル受賞・吉川市体育協会の表彰

2017.2.20(吉川市)
ニュース写真
 吉川市体育協会(小山健一会長)は4日、同市中央公民館で「市体育協会表彰式」(共催・同市教育委員会)を行い、市民162人が受賞した。

 同市の体育、スポーツ振興に貢献し、功績が著しい人や、各種大会で優秀な成績を収めた選手などを称えるもの。

 このうち、鶴岡善次郎さん(68)と、孫の鶴岡莉子さん(12)が“ダブル受賞”した。

 鶴岡さんは30年にわたり、ソフトボール「吉川ロッキーズ」の代表理事として活躍し、現在はソフトボール協会の総務委員長として協会の発展に尽力した―というもので功労賞を受賞した。また、莉子さんは、関東地区空手道選手権大会で敢闘賞を獲得し、初めて全国空手道選手権大会(形の部)へ出場し、ベスト16になったことが評価された。

 莉子さんは「2人同時に受賞出来てとてもうれしかった」と笑顔を見せ、善次郎さんは「身の引きしまる思いです、大変よい賞をいただき、今後も精いっぱい努めます」と力強く話していた

 中原市長は「これからも頑張っている人が多い分野にはサポートしていきたい。今回受賞した人には、ぜひ、今後も市民の励みになるように努力し、光を指し示してもらいたい」と述べた。
>戻る