ニュース

吉川市と医師会が協定・災害時の医療救護活動で

2017.2.14(吉川市)
ニュース写真
 吉川市は1月27日、一般社団法人「吉川松伏医師会」(平井真実会長)と「災害時の医療救護活動に関する協定」を締結した。同日、市役所市長応接室で同協定の調印式が行われ、中原恵人市長と平井会長が出席して、それぞれ「協定書」にサインした。

 協定の内容は、災害時に市の要請に応じて、同医師会が医療救護班を派遣し、円滑な救護活動を行う。これにより災害時における医療救護体制の推進が図られた。
>戻る