ニュース

「市長の仕事は大変」・小学生2人が「一日市長」

2016.8.15(吉川市)
ニュース写真
 吉川市は5日、市内の小学生2人を、“一日市長”に委嘱した。一日限定の市長となって、市長の仕事を体験してもらうことで、市政への関心を持ってもらおうという狙い。

 20代目の「一日市長」に委嘱されたのは、小池結衣さん(12)(栄小6年)と久保田拓君(11)(中曽根小6年)の2人。2人は、中原恵人市長から委嘱書を受け取った後、秘書から、この日一日のスケジュールを神妙な面持ちで聞いた。

 午前中は、市の政策を決定する「政策会議」(模擬)へ出席し、市議会の議場を見学。中原市長と昼食をとりながら、懇談した。午後は、新設された学校給食センターの視察を行い、防災倉庫の見学や災害用トイレの組み立て体験などを行った。

 2人は会議では積極的に質問し意見を述べ、気になったことをメモに取るなど、全力で「公務」に取り組んでいた。2人は「市長の仕事って大変なんだなあとあらためて思いました」と口をそろえていた。
>戻る