ニュース

体鍛えて買い物券ゲット・健康体力作りポイント制度

2015.10.26(吉川市)
ニュース写真
 吉川市は10月から生活習慣病の予防と健康寿命の延命、医療費抑制を目的とした「よしかわ健康・体力づくりポイント制度」をスタートした。
 同制度は、“健康対策”を行っているかどうかを「ポイントカード」に記載し、そのポイント数が5?以上になると、市内の商店で使える500円分の「ラッピーカード」と交換が出来るというもの。18歳以上の市民は誰でも参加できる。
 「よしかわ健康・体力づくりポイントカード」は、保健センター、市役所、中央公民館などの市内公共施設で手に入る。
 チェックポイントの「必須項目」は、@生活習慣病予防健診、人間ドックなどの健康検査受診Aがん検診(40歳以上のみ、複数ポイント可)B1日30分以上の散歩、ジョギングなど1か月以上の体力づくり―の3つ。さらに、「任意項目」として、@毎日体重・血圧の測定、禁煙A毎日1万歩運動事業や健康・スポーツ・介護予防事業への参加(複数ポイント可)―の2つがある。両方で5?以上たまると、保健センターか同市総合体育館でラッピーカードと交換し、同市ラッピーカード加盟店(45店)で利用できる。
 今月16日までに、、すでに226人がラッピーカードと交換している。ポイントカードとラッピーカードとの交換は一年に一回限りで、今回は平成28年3月31日まで。今年の12月28日までに交換したポイントカードは、5千円分の商品券が当たる抽選券としても利用される。
 同市健康福祉課は「健康長寿の市を目指し、飽きさせないよう、様々な仕組みを考えている。健康に向けた医療費減少への効果も期待したい」と話している。