ニュース

ダンスサークルが踊り発表・吉川署の「出発式」

2015.10.5(吉川市)
ニュース写真
 吉川市中央公民館ホールで9月19日、「秋の全国交通安全運動出発式」(主催・吉川警察署)が開催され、同署員と吉川市・三郷市・松伏町の交通安全対策協議会らの関係者約250人が参加した。
 出発式は中原恵人・吉川市長、近藤佑一・吉川警察署長のあいさつの後、吉川市母の会の飯島栄子副会長とその孫である飯島夏音ちゃんによる交通安全決意宣言が行われ、その後でダンスサークルのKyokoダンスプロジェクト(佐藤恭子代表、7団体総勢100人)によるリズムダンスアトラクションが行われた。
 リズムダンスアトラクションでは「あの鐘を鳴らすのはあなた」「ブルー・ライト・ヨコハマ」などの有名な曲や、吉川市が埼玉県立大学(越谷市)と作成した「なまらん体操」、埼玉県警が作成した、歌って覚える自転車安全利用五則「5Song」など10曲を披露。「5Song」を披露した時は、埼玉県警のマスコットキャラクター「ポッポくん」を始め、署管内のマスコットキャラクターなまりん(吉川市)、マップ―(松伏町)らも集まり、会場を賑わせていた。
 式典の後は、白バイ、パトカーに乗車した署員らが、早速パトロールへと出発して行った。
 今年1月から8月末日までの同署管内での人身事故の死傷者数は633件で死者は5人。昨年同期と比べ、死傷者は32件増、死者は1人減少している。
 交通課交通総務係の芳賀延子巡査(33)は「陽が沈む時間が早くなったのでドライバーは早めのライトの点灯を。雨天時でも薄暗いと感じたら、同様にライトオンをお願いしたい。歩行者などは反射材の活用や、目立つ服装での外出をするよう心掛けてもらい、“歩行者用信号機の青信号が点滅した時は、急いで渡れではない”という事を再認識してほしい」と話し、注意喚起を促した。

>戻る