ニュース

書道「新勅撰集のうた」でFMNACK5賞・浅見征代さん

2015. 7.6(吉川市)
ニュース写真
 吉川市平沼の浅見征代さん(74)は書道「新勅撰集のうた」でFM NACK5賞を受賞した。浅見さんは吉川市書道連盟副会長を務める。40代で書道を始め、1993年から吉川在住の書道家・木村笛風(てきふう)氏に師事。埼玉書道展で2002年、04年と2度の知事賞を受賞した実力派。
 「一本の線をどのように力を入れ、抜くか。山をつくり、字が喧嘩しないように間を詰め、濃淡を考えながら字と向き合っています。息が止まりそうになる時もある。好きでないとできないですね」と笑う。夫の和夫さん(74)は清書の時は集中力の妨げにならないように外出するなど、全面的に協力してくれる。
 「特選受賞は、また頑張ろうという励みになります。書道は難しいけれども、健康である限り作品展には出品したい」と前向きだ。現在は書道本「書源」から学んだり、人の意見や話を大切に聞くという。目標があるから「練習しかない」と毎朝の練習を日課としている。
 受賞作品は7月1日から吉川市中央公民館に展示される。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。