ニュース

信金職員の萩原さんに感謝状・吉川警察署、振り込め詐欺防ぐ

2015.4.27(吉川市)
ニュース写真
 吉川警察署は8日、振り込め詐欺を未然に防いだ、吉川市木売3丁目の亀有信用金庫吉川支店(駿河信行支店長)の窓口担当職員、萩原明子さん(26)に、同署の近藤佑一署長から、感謝状が贈られた。
 2月24日、同信金窓口で、吉川市高久1丁目の女性(70)が1000万円という高額な金額の現金をおろそうとしていたため、不審に思った萩原さんが、お金の使途を確認したところ、女性は「身辺整理」などと話し、はっきりとした理由を言わなかったため、振り込め詐欺を疑った。すぐに吉川署にホットラインによる通報を行い、被害を未然に防いだ。
 女性によると、2月23日に民間会社の従業員を騙る者から「あなたの口座に1000万円を振り込みました。国の戻り金です」と電話があり、翌日に別の会社の従業員を騙る者から「1000万円を振り込むには、あなたが1000万円のお金を引き落とした形跡が必要になります。行政の者が今日中にお金を取りに行きます」と電話があったため、同信金で引き出そうとしていた。
 同署では、この後、捜査員が女性宅を訪れた被疑者を詐欺未遂で現行犯逮捕した。

>戻る