トップニュース

現職、新人の一騎打ちか・15日告示の吉川市長選挙

2015.2.10(吉川市)
ニュース写真
 任期満了に伴う吉川市長選挙は15日告示、22日投開票で行われる。同市長選には、現職の戸張胤茂氏(67)=無所属=が5選を目指すほか、県議の中原恵人氏(44)=無所属=が立候補を予定しており、一騎打ちになる公算が大きい。同市の有権者数は5万4392人(男2万7317、女2万7075)=2014年12月2日現在=となっている。

 「4期16年にわたって市政を担当させていただき、市民と共に、住みよさ日本一を目指して活力あふれる安全で快適なまちづくりを進めてきた。吉川は全国でわずか15しかない、今後も人口が増加し続ける可能性を持った自治体のひとつに数えられ、多くの方から選んでもらえるまちへと進化を続けている。住みよさ日本一を目指すため引き続き市政を担当したい」と出馬を表明した。
 吉川市生まれ、吉川町議、市議を3期11年務めた後、1999年、故深井誠市長の後継者として立候補し初当選した。
 これまでの実績として「区画整理による街づくりを進め、住みよいまちにしてきた。吉川美南駅の開業をはじめ、老朽化した吉川橋の架け替え、県道越谷吉川線や三郷吉川線の整備促進、小中学校施設の耐震化100%実現など、都市基盤整備をはじめ防災や教育の充実などを図ってきた」と訴える。
 5期目の目標は「以前から準備を進めている、吉川美南駅周辺の整備を進める。東側については、国と農林調整を続けており、早期に市街化に編入されれば、速やかに街路整備を始め、区画整理を実現したい。スポーツや保健事業との連携を強化し、介護予防事業の拡大を図り、健康長寿を目指す。多様なウォーキングコースを整備し、健康づくり活動をサポートする」。
 準備を進めている新庁舎については「市役所は防災の拠点施設になるもの。今後、工事費の削減と社会状況を見ながら実施時期を判断する」という。
 このほか「子育てしやすいまちの実現のため、新たな保育所の開設や学童保育の受け入れを全学年まで拡大し、土曜日の受け入れ時間を延長する。教育環境向上のため、市内小中学校の普通教室にエアコンを設置する。さらに中学校を新設する。また、吉川の豊かな自然と農業にふれあう農業公園を整備し、直売所の整備など地産地消を推進する」と話している。


 戸張 胤茂氏(とばり・たねしげ) 市長。吉川松伏消防組合管理者、埼玉県市長会副会長など務める。県立杉戸農業高校卒。1988年に吉川町議初当選し市議3期11年の後、1999年の吉川市長に初当選。趣味はゴルフなど。現在4期目。家族は両親と妻の4人。吉川市会野谷1の125。吉川市出身。

 「生産人口減少や地域の先細り化など、社会全体がこれからさらに抱えていく『社会課題』や吉川の『新庁舎建設』や『虫歯予防のフロリデーション(水道水のフッ化物添加)問題』など吉川がいま直面している地域の課題に対応していくには、先人たちの歴史、文化、伝統を大切にしつつも、新たな理念とチャレンジ、そして選択が必要であり、それは待ったなしの状況。その先頭を切るのが首長のリーダーシップだ」と出馬を表明した。
 千葉県松戸市出身。2004年、長男誕生を機に吉川市の住民に。大学時代から「学習塾」を経営し、不登校問題にも取り組んだ。現在も教育事業を行うNPO法人の理事長も務める。2011年に県議に初当選した。
 県議として「仮設橋を含めて吉川橋の架け替え工事を実現したのをはじめ、吉川美南高校のハード、ソフト両面の充実化。県道、歩道を整備しサイクリングロードを完成し、健康のための自転車利用の促進を図った。また『ロックフェス』など市民による街づくりの推進、農林被害など防止のための野生動物管理などに力を入れてきた」と訴える。
 「政治家の果たす大きな役割は利益の分配や利害調整ではなく、『価値ある未来を創る』こと」が理念。そのために「まず、新庁舎建設を再考する。総事業費50億円は高すぎる。今後の少子高齢化を考えれば市庁舎に多額の建設費をかけるよりは、市民生活や子どもたちにプラスになるもの、たとえば新中学校建設などを優先すべき」。
 また「現在進められている、吉川美南駅東口の開発は、従来の住宅開発であり、未来のビジョンがない。もっとていねに市民の声を集め、自然豊かな空間に教育・産業・医療・エネルギー・環境をテーマに吉川の顔となるゾーンをつくる。また、市が進めている水道水へのフッ化物添加には反対。すでに反対署名も一昨年に市長に提出した。水道水の公共性の高さ、フッ素症の危険性、虫歯数が減少している状況から事業化はしない」などを訴えている。


 中原 恵人氏(なかはら・しげと) 県議。教育事業を行うNPO法人「Future School 燦」理事長。筑波大第一学群政治学科卒。2011年に県議初当選。現在1期目。趣味はスポーツ、バイク、旅など。家族は妻、長男、二男、長女の4人家族。吉川市保462の1。千葉県出身。
>戻る