ニュース

すべてLEDに付け替え・市内の街灯

2015.2.10(吉川市)
ニュース写真
 吉川市は、市内に設置されているすべての街灯(100h以上を除く)5410基をLEDに付け替える。昨年11月から工事が始まり、今月末ですべての工事を終える。
 これは、同市が二酸化炭素排出削減とランニングコスト(電気代・メンテナンス代)の削減を目的に実施したもの。設置はリースで行い、期間は10年間。設置費用込みのリース代は10年間で1億2529万円。同市政策室によると「街灯をLEDにすることで、街が明るくなり、防犯面でも効果がある。電気代も年間約1000万円もの削減効果がある」と話している。