ニュース

弓で五穀豊穣祈る・大岩神社で「御歩射」

2014.2.24(吉川市)
ニュース写真
 吉川市下内川の大岩神社(鈴木好弘宮司)で11日、恒例行事の「御歩射(おびしゃ)」が行われ、地域の氏子ら約100人が参加した。
 弓神事で、弓矢を持参した5組の人が順番に、拝殿左手の畑の中に立てられた的に向かって矢を射る。邪気を退散させ、無病息災と五穀豊穣を祈る神事で、祭神が女神で荒っぽいことを嫌うことから強く矢を射ってはならないという言い伝えがある。
 大雪の影響で雪の残る境内で、参加者らは、ていねいに矢を射っていき、それぞれ五穀豊穣を祈念していた。

>戻る