ニュース

染谷前教育長が語る・井戸端大学

2013.6.17 (吉川市)
ニュース写真
 よしかわ市民講座「よしかわ発 男も女も 井戸端大学」の第1回目が8日、吉川市中央公民館で開講された。市民30人が参加した。前吉川市教育長の染谷宗壱さんを講師に、「知れば吉川が好きになる」をテーマに約2時間講義した。
 講義の中で染谷さんは、吉川市の気象や人口推移をはじめ、市内にある送電線の距離や高さ、吉川の知られざる昔話や自慢あれこれなどについて、普段気に掛けたこともないような様々なデータをもとに面白おかしく解説した。
 この市民講座は、市民で構成する実行委員会(6人)が「人と人との輪を広げよう」「ふるさと吉川を知ろう」などの目標と5つの柱を定め、市民の目線で講座内容や講師について企画し、毎年開催されている。今年も全5回開催し、既に参加受け付けは終了している。
 橋本実実行委員長(73)は、「各実行委員が、5つの柱立てに沿った企画案を持ち寄り、吉川のことを身近なこととして学べるよう工夫しています。第1回目は、最初の講座として、吉川の全体像を知ることができたと思います。染谷さんの講義は、毎年大変好評です。今後、受講者から実行委員になってくれる方がいるとうれしいですね」と話していた。

>戻る