ニュース

「なまりんサンド」販売します・公民館フェスティバル

2013.2.25(吉川市)
ニュース写真
 吉川市の「公民館フェスティバル」が3月2日(午前9時〜午後4時30分)、3日(午前9時〜午後4時30分)の2日間、中央公民館を会場に開催される。公民館活動を広く知ってもらい、生涯学習活動への参加を促すのが目的に毎年行われている。利用者で構成する実行委員会が企画し、今年で13回目の開催。
 内容は芸能音楽の部、展示公開の部、体験の部からなる文化交流事業。70団体が参加し、 中央公民館全館で2日間にわたり様々な催しが行われる。展示発表にとどまらず、来館者が公民館活動に参加できる体験コーナーや、団体同士の舞台共演など、参加型であるのが特徴。参加者も来場者も、1日中楽しめるイベントとなり、実行委員会では2日間で3,000人の来館者を見込んでいる。
 好評を博してきた「なまりんサンド」を今年も販売する。吉川市の伝統料理「ナマズのたたき」をパンで挟み、特製マヨネーズソースで仕上げたもの。子ともから大人まで食べやすい手軽なファストフードとなっており、値段は1個100円のワンコイン。「ナマズのたたき」を手軽に来館者に食べてもらいたいという、こだわりが込められた「なまりんサンド」、1日200個、2日間で400個を販売する予定だ。
 昨年、試食を繰り返し、なまりんサンド開発に試行錯誤した実行委員会は「ナマズのたたきの風味を生かしながら特製ソースでパンと合体し、親しみのもてる料理となっています。昨年売り切れで食べられなかった方にも、今年はぜひ食べていただきたい」と話している。
 当日は写真サークルの協力による「なまりんとグリーティング(写真撮影コーナー)」も開催され、来館者にはなまりんと撮った写真入りカレンダーがプレゼントされるほか、ステージ上では「なまりん☆なまらん体操」と題し、客席にいながら、なまりんと体操ができるなど、吉川市のイメージキャラクター「なまりん」と触れ合える機会もたくさんあるという。
 <問い合わせ>吉川市中央公民館TEL981・1231。

>戻る