x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

世界軟式少年野球にも出場・吉川グリーンズの長谷川投手

2012.8.20(吉川市)
ニュース写真
 吉川グリーンズの主戦右腕、長谷川愛璃(あいり)さん(吉川市栄小6年)(12)は2回戦で、対草加ボーイズ戦に完投したが、惜しくも逆転サヨナラ負けを喫し悔し涙を流した。
 初回、2回と得意の速球でボーイズ打線を封じたが3回に突如乱れ5点を献上、逆転された。5回にグリーンズ主将の蔵原君が2ランを放ち逆転に成功し、最終回抑えれば勝利というところまで来たが、制球が定まらず四球などで得点圏に走者を出し、最後は痛恨の中越え適時打を打たれた。
 長谷川さんは、7月下旬に日本で開催された第30回世界軟式少年野球大会(社団法人少年軟式野球交際交流協会主催・江戸川区臨海球技場)にも主戦投手として投げ、世界5位に貢献。野球は、3歳上の姉、2歳上の兄の影響で2年生から始めた。4年生のとき、セカンドから投手にコンバートされ、これまでいつくつかの大会で優勝も経験。低めに決まる速球が持ち味。「三振を取ったときが、一番気持ちがいい。同じ6年生なら、スピードでは男子にも負けない」と自負している。
 中学では、姉が所属する硬式女子野球クラブ「ハマンジ」(関東女子野球連盟所属・さいたま市)に入団するつもり。「全国大会で胴上げ投手になりたい」と夢はふくらむ。長谷川さんのチャレンジはまだ続く。153a、体重50`。

>戻る